下ネタはモテないのか?モテ親父のスケベトークを分析

下ネタはモテないのか?モテ親父のスケベトークを分析

 

酒を飲んでいないときも女の子相手に下ネタを言っては笑いを取ってる親父はいませんか?

 

私は結構その類の親父となっております(笑)

 

実際のところ、相手には引かれているかも知れないんですけど、正直楽に笑いも取れますし何と言っても若い子や女の子と何を話して盛り上がれば良いのか解らないという所からも老若男女共通の下ネタをチョイスしているという所もあります。

 

こんな親父はモテないんでしょうか?私の目標では高田純次のような親父!

 

高田純次に関してもあれだけ適当でスケベな事を言っているにも関わらず、女性からの評価は「おもしろい」は勿論のこと「ダンディ」「セクシー」なんて評価から「頼りになりそう」なんて意見もあって、毎回「上司にしたいタレント」でも名前が出ていますもんね。

 

下ネタを言っているスケベな親父もきっとモテる何かがあるはず!

 

ということで、下ネタで笑いを取っている親父が女性からモテる要素を調査してみました。

 

 

下ネタをいう男性が嫌われるわけではない

 

下ネタを使う男性全てが嫌われるわけでは決してないんです。

 

高田純次にしてもそうですが、あの男前の代名詞でもある福山雅治!

 

彼のラジオを聞いたことがある方ならわかると思いますが、そりゃ〜もう飾らない下ネタを満載で語っている時があるんです。

 

そんな内容に関して、女性ファンたちはキャイキャイ喜んでいる反応が多いのは言うまでもないですが、男前が下ネタを言うからこそ同性の男性も福山ファンになったりするんですよね。

 

そりゃ〜あんなクソ男前が言う下ネタだから女性も許してくれるというのは判り切ったことですけど(笑)。

 

でもこれでわかりますよね!

 

下ネタだから女性が嫌いだという訳ではなく、それを言う男やその言い方なども嫌われてしまう要因に入っているという事が。

 

そんな事を踏まえると常日頃下ネタを言っている私としましても、なんだか勇気が持ててきたというわけです。

 

下ネタを言う人の特徴

 

下ネタは試し行動といううまくコミュニケーションがとる事の出来ない子供がやる行動の一つとして例えられている事があります。

 

小さい子供が「チンチン」「おしり」「うんこ」で笑ってくれる、笑いがとれるというよう事ですね。

 

そんな下ネタで笑って貰えたことで調子にノッテ、深く考えずに笑いを取ろうとまた下ネタを言うという心理と同じように、下ネタを言う大人は性格的に幼い、子供っぽい性格、単純な人間という事がデキるようです。

 

下ネタを使う事でコミュニケーションをとる切っ掛けとすると同時に自分の事を特に詳しく話さずに済むという事で相手に性格を見せなくて済むや、自分の本心を隠せるという部分で使っている人もいるようです。

 

私もそうですが、女性と共通の話題がない、何を話していいか解らない時などに下ネタだと話し易いジャンルという思いから、誰とでも話せる内容、会話が成立する話題、性に関しては誰でも携わる内容と思って使えるということです。

 

逆に趣味とか仕事の話となると、自分の考えや私生活などもさらけ出さないといけない部分が出てきます。

 

相手からすると興味のあるなしがハッキリとしてしまう内容なだけにトークが盛り上がるという確証がありません。

 

特に自分にさほど自信がない私のような人間が趣味や仕事の話をすると、年齢の割に薄い考え、薄っぺら人生を送っていることがバレてしまうという危機感があります(笑)

 

そんな事からも下ネタはそうした自分を隠してくれるトークの取っ掛かりとして最適な武器となるんです。

 

ということで、下ネタを言う人の特徴としましては、子供っぽい、幼い人という部分と、私の様に自分に自信がない人が会話の材料として使う、自分を隠す為に使うという心理で使っている場合が多くあるという事です。

 

そんな逃げに使っていること自体も子供っぽいとなるかも知れませんけど(笑)

 

生きる為の術!仲良くするためのテクニック!と何も恥じる事なくポジティブに考えていきましょう。

 

お酒を飲んだ時だけ下ネタを言う人

 

周りにいませんか?もしくはあなたはこのジャンルになってませんか?

 

酒の席、酒が入った時だけ下ネタを言う人、または下ネタが激しくなる人。

 

正直な所このタイプの男性は女性にかなり嫌われてしまう確率が多いようです。

 

特に常日頃はまったく下ネタを言わないキャラ、どっちかというと真面目キャラで通っているしっかり者と思われがちなキャラの男性。

 

そんなキャラの男性が酒が入った時だけ下ネタを言う!

 

「むっつりスケベ」というタイプにされてしまい人間的な部分で不信感を抱かれてしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

お酒ってリラックス出来て、いつも言えないことを本音で話し合えるアイテムとして万人に思われているモノです。

 

となると、日頃真面目な人が酒を飲んだら下ネタを言ってしまうという事は、本性はスケベの塊だ!とこれまた万人に思われてしまうという事ですよね。

 

また同じようにお酒を飲んではしゃいだり、弾けたりしている人を見かけると「ストレスが溜まってるんだろうな。」という目で見るのは当たり前ですよね。

 

それが下ネタだとなると「欲求不満なのかな?性欲溜まってるんだろうな。」って思われても不思議ではないですよね。

 

合コンや友達同士での飲みの席などでの下ネタはまだ許容範囲で収まる事が多いでしょうが、会社の人との飲み会や女性部下との飲み会で下ネタを言ってしまう親父は注意したほうが良いでしょう。

 

嫌われる、キモチ悪い下ネタの話し方

 

女性から見て下ネタを話してくる男性で特にキモチ悪いと思われる、嫌われるような話し方は以下のようです。

 

「小声で下ネタを言う」恥ずかしがっているのか?女性の目を気にしながら、聞こえるか聞こえない程度の音量でボソボソ、ブツブツと下ネタを言っている男。

 

恥ずかしいくらいなら言わないでイイし、まずそのボソボソブツブツとした小さい声でキモチ悪いそうです。

 

「顔を見ないでニヤニヤと下ネタを言う」これも恥ずかしいからなのか解りませんが、相手の目を見ないようにしながら下ネタを嬉しそうに喋って来る男はキモチ悪いそうです。

 

しかもニヤニヤとしている所が輪をかけて変態に見えるそうです。誰に言っているのか解らない下ネタは変態親父感が満載となるようです。

 

「経験を自慢してくる下ネタ」これって男としてはセックスアピールの一環ではあるんですけどね(笑)

 

女性からすると「ワンちゃん狙ってる?私もされてみたい!って言葉を言わせたいの?」とリアルなスケベ感と狙われてる感がヒシヒシと感じられて怖がられるパターンが多いようです。

 

「2回はイカセル自信があるよ!」「俺の大きいって言われるよ。」なんて下ネタは特に女性部下なんかには禁句ですね。

 

「具体的な経験を聞いてくる下ネタ」逆に相手の女性の過去の経験人数やセックスした場所、過去の男性遍歴や夜の営みなどなど、自分の自慢話をするのではなく相手から聞き出そうとする行為も「狙われてる?」と危機感を感じる場合もあるそうです。

 

確かにそこから会話を広げようとすると「俺だったら!」「俺はね〜」って感じで会話が自分の体験談になりがちではあり、そうなるとキモチ悪いと思われる要因ふたつに絡んでしまう恐れになりますね。

 

「太ってる人の下ネタ」これって決して話し方や表情とは関係ない、見た目の問題ではあるんですけどね(笑)

 

太ってる男性が汗をかきながら、汗を拭きながら、鼻息荒く下ネタを言ってくると女性は生理的に受け付けないとなってしまうようです。

 

本当に太った男性にはお気の毒としか言いようがないんですが、気を付けてくださいですね(笑)

 

下ネタを言っても嫌われない男性

 

「誰がどうみても男前の人」これはもう普通の親父の我々からすると敵う訳がありません。

 

そして努力をしてもそんな男性になる事は出来ませんよね(笑)

 

しかし、これが絶対という訳でも勿論ありません。女性によっては男前という事だけで「遊んでそう、遊ばれそう」「性格悪そう」と内面重視で男性を見るタイプはマイナスの要因からみることとなります。それでいて口を開けば下ネタしか言わないという男性に嫌悪感を抱く女性もいる場合があります。

 

自分で男前と思っているそこのあなた!

 

…気を付けてと言いたいところですが、是非失敗して欲しい限りです。

 

はい、ヤキモチ、嫉妬に妬みの意見です(笑)。

 

「明るくハッキリと下ネタを言う」まあ、内容にも寄りますから全ての下ネタというわけではないですけど、女性の意見からするとネチネチと暗い雰囲気で小さい声で下ネタを言われるよりは「あの人おっぱいおっきいよね!」って感じでスケベを前面に堂々と出した方が受けは良いようですね。

 

さすがに「アナルセックスが大好きなんだよ!」なんて内容の下ネタを明るくハッキリと言われると引かれてしまうとは思いますので、その内容だけには注意が必要でしょうがね(笑)。

 

「個人的にではなく全員に聞こえるように」ハッキリと喋ると共通する部分はあるようですが、2人きりで会話をしている時に下ネタを話してくる男性よりも、複数の人で話をしている時に場を和ませるような感じで下ネタを話す男性の方が好感はあるようです。

 

要するに全体に対して話を振る事で受け答えする、しないという選択肢を女性側も得られるという事ですね。

 

その辺を配慮や気遣いと感じる女性もいるようです。

 

「くどくない、その場だけで済ませる」以前同じ人と話した下ネタの内容をしっかりと覚えていて、「あの時はこんな事言ってたよね!」や「あれから経験人数は増えたの?また車でした?」なんてノリで話した下ネタをしつこくぶり返してきたり掘り下げたりする男性はしつこい、キモチ悪いとなるようです。

 

逆にまた下ネタで盛り上がった際に同じ質問をしたりして「あ〜そんな事言ってたっけ?」「あれ、そうだったけ?」なんて覚えていない。

 

たとえ覚えていても忘れてしまったようなフリをする男性の方がアッサリしている。

 

深い意味ではなく下ネタで盛り上げてくれてたんだ、誰に対しても下ネタを言うタイプの人なんだ!と女性は安心するようです。

 

基本的にアッサリとしてしつこくない男性が好きという女性が多いなか、もしも女性の方があなたに以前話した下ネタを蒸し返そうとするような事があれば、それは彼女の方があなたに対して好意があるからこそのアプローチかも知れないというわけでもありますね。

 

「体型がスマート」これは太っている男性の真逆になるんですが、勿論体型自体の問題ではないとは思いますが、やっぱり太っているとオタク系に思われがちのようで、太っている体型よりも中肉やスマートの体型の男性の方が下ネタを言っても受け入れて貰いやすいという事のようです。

 

勿論、それプラス日頃の雰囲気やオシャレと言った部分もあり、不潔と思われている男性と清潔感のある男性が同じ状況で同じ下ネタを言ったとしても清潔感のある男性の方が受け入れて貰いやすいという話と同じようです。

 

やはり下ネタを言う人の見た目で女性の受け取り方や感じ方も変わって来るという致し方無い結果ですが、福山雅治は無理だとしても高田純次のようなスケベ親父というくどくない、イヤラシさがないスマートなスケベ親父になれればチャンスがあるかも知れません。

 

その為にもムッツリスケベと思われるよりも堂々スケベ、オープンスケベと認識させる方が女性ウケは良いのかも知れませんね。

 

女性同士の会話は

 

素敵なスケベ親父になる為に下ネタに関して色々と調査して書かせて頂いてきましたが、驚くことに女子高、女子大、会社の更衣室や給湯室、女子会などといった女性だけが集まる場所での会話は7割、8割が異性の話が中心のようなのですが、異性の話が出るという事はその内容的にも下ネタの話に波及している事が多々あるらしいんです。

 

特に大人になった20歳以上の年代での女子会は酒の力も手伝ってか下ネタ、特に性に関してのトークで盛り上がっているという女性が半分以上という事が解りました。

 

男性の下ネタには冷めたり、引いたりしている女性たちも男性がいない女性だけの場だと好き放題しゃべっては、ちゃんと下ネタで落ちを着けてコミュニケーションを図っているんですね。

 

またその内容が男性よりもエグイ場合が多いようで、

 

  • 元カレとの性事情や今の恋愛事情
  • セックスのテクニックスキルの意見交換会
  • 最近の出会い事情
  • セックス内容での男に対してのダメ出し
  • 過去の最高のセックス話
  • どんなセックスが興奮したか
  • 誰のアソコガ小さかった
  • 臭かった
  • 早かったなどなど

 

下ネタという名の実体験を元に日頃男性の前では言えない溜まりにたまった会話を気の知れた女子同士で大暴露大会のようになっているようです。

 

正直なところ、女性の方が人の悪口や陰口で酒なんて幾らでも飲める生き物ですからね(笑)

 

1人が下ネタで口を開き出した途端に大型ダムが放流を開始したかのように、次から次へと負けじと体験談を話し出すようなスタイルが多いみたいです。

 

これって奥さんや彼女さんがいる男性も同じでママ友や女友達同士の飲み会などでも話に上げられている場合が多くあるようですよ。

 

「うちの旦那は自分がしたいときだけ〜」とか「彼氏との回数が最近減って〜」なんてですね。

 

そんな奥さんのママ友さんや彼女の女友達と会う機会がある時には「きっと知ってるんだろうな!」とこれからは覚悟して会う事をお勧めします。

 

そうすると自然と謙虚な対応になっていると思います(笑)。

 

女子会で話のネタにされているとなった場合、その場では100%悪者になっていると思ってください。

 

女性同士では決して本人に対して非難するような事はしないからです。

 

下ネタで盛り上がるという中にも女性同士がコミュニケーションをとって仲間外れにならない為というモノがあるようです。

 

その為の会話ですから「それは彼氏が可哀想だよ〜。」なんて否定的な意見は絶対に言わないという事ですね。

 

奥さんや彼女さんがいる方はそれを理解してあげた上で、立派な晒しものとなって我慢してあげてください(笑)。

 

下ネタ好きの女性

 

親父の下ネタエロトークにノッテ来てくれる女性っていますよね!

 

ええ、スナックのママさん、チーママさんやキャバクラのお姉ちゃんじゃなくて、素人の女の子でですよ(笑)。

 

そんなノリの良い女性と下ネタトークで盛り上がった時に頭に浮かぶのが「この子ヤレルんじゃないのか?」とか「この子欲求不満なのかな?」なんてこの後誘えるかも知れない!っていう下心ですよね。

 

ところが、女性から言わせると「大きな勘違いをすんじゃねぇーぞぉ!このスケベ親父が!」と、顔でニコニコ笑いながら口で下ネタノリノリで言いながら、心で悪態をついて罵倒しているそうです(笑)。

 

中には欲求不満もいるでしょうが、大半の女性は変態でスケベな女性かも知れませんが欲求不満でヤリマンという訳で決してないようなので男性は気を付けて置かないとイケません。

 

殆どの女性がその場の雰囲気を壊したくない、仲良くなりたい、という気持ちや面白がられたり楽しませて笑わせたいという様な芸人根性のようなものから下ネタというアイテムを使っているという事のようです。

 

下ネタを言うから色々な経験をしている経験豊富な性活を送っているんだろう〜という男性の勝手な解釈をされる女性が多いようですが、実際は知識は色んなモノで着けているが、それを実践できないでいるちょっとオタク系の女の子!と自称するような子が比較的下ネタにノッテ来るとか。

 

逆に本当に経験豊富でヤリマン系の女性の方が下ネタなんて絶対に言わないタイプが多いそうです。

 

純粋そうに見えて男性の下ネタ「恥ずかしぃ〜いやだぁ〜」なんて可愛く照れながらボディタッチをしてくるような女性の方が本当はエロい経験を沢山しているものだ!と女性の間では言われているようです(笑)。

 

確かに下ネタにノッテ来るような女性って、いじられキャラ的な女性が多かったりしますよね。

 

また、そんな下ネタにノッテ来るような女性をこちらも真剣に口説こうなんて思わないタイプの女性が多い事もありますよね。

 

「へ〜そんな感じなんだぁ〜俺の方がキモチ良くさせてあげられるかもよ♪」なんてワンちゃん狙って下心出して口説くと「私もタイプがあるんでお断りしま〜す。」なんて軽く断られたりしますしね(笑)。
いずれにせよそんな下ネタにノッテくれる子は案外お持ち帰りはし難いという事。

 

でも、そんなノリが良い子がいるから場の雰囲気も盛り上がるという事に感謝ですね。

 

まとめ

 

下ネタを言う男性がモテないという事は決してない!

 

ただし、その下ネタを言う人の見た目や雰囲気はかなり重要なポイントだという事を覚えておきましょう。

 

でも、同じ下ネタを言うのであれば酒の力なんか借りずに、日頃からオープンなスケベを出していた方が女性からもモテる事は無くても嫌悪感やキモチ悪さを抱かれる事は少ないようです。

 

下ネタの内容もあまり露骨過ぎるモノはNGのようですね。

 

ソフトなダジャレ系や親父ギャグ系ならOKの可能性が高い。

 

逆に具体的な経験や性癖なんて事を話したり聞いたりするのはかなりキモチ悪く思われるようなので絶対NGということで。

 

下ネタも場の雰囲気やメンツによって使い分ける必要があるようでして、特にセクハラなんて世間でも厳しくなっている昨今!

 

上司という立場や同僚という立場での下ネタには要注意が必要ですね。

 

下ネタをいう時には、明るくハッキリ、アッサリ、大きな声でが理想的かも?知れないですね(笑)

 

まあ、下ネタだけで女性を口説けるという誤解は持たないようにして、コミュニケーションツールのひとつだという事で上手に使っていきましょう。

 

 

相席屋最近の成功談一覧

飲み屋出張先で素人のお姉ちゃんと援交セックス!値切って12000円で美女が来たぜ!!


出会いバー出会いバーで40代の女をお持ち帰り!ブスだったけどバッキバキに勃起してしまったしんちゃんです(笑)ハメ撮りまでしちゃった!


1万円バツイチの女と格安の1万円でセックス!出張先でマッサージでも呼ぼうと思ったところ1万円ポッキリで遊べる女をサイトで発見!そんな女のスペックはこんな感じでした!


タダマン出張中に無料でセックスがヤレた女です。タダマンできる女ってどんな感じなのか?参考までにどうぞ!ハメ撮りまで成功!!


ヤレる女出張先にエッチできる女の子をキープしとうこう!初めて飲み歩いた女とヤレるのか?何事も用意周到に挑めば性交率はアップする?


人気の記事一覧